姪を●すのは用務員室で~おじさん、いやや!もう壊れちゃう!~

姪を●すのは用務員室で~おじさん、いやや!もう壊れちゃう!~

姪を●すのは用務員室で~おじさん、いやや!もう壊れちゃう!~

姪を●すのは用務員室で~おじさん、いやや!もう壊れちゃう!~ エロ漫画、アダルトコミックを 読んでの体験・感想です。

冴えない用務員の股口悦郎は、ある日偶然にも姪にも再会する。
あまりにも大人の女らしい身体に成長した彼女を見て、ある暗い情念が沸き起こる悦郎。

あどけない姪のルックスと大人の女の姿態とオジのキモい感情とエロ行動のギャップに僕たちの期待は弾む この電子コミック! 必見です!!



用務員の悦郎は今日も同じく淡々と仕事をこなす。
生徒からマジキモイと嫌われることは、日常茶飯事・・・

学校の窓を掃除していると空の雲行きが怪しくなってきた。
雨でも降りそうだと思っていると、その予想が的中してしまう。

運悪く外を歩いているときに、雨に当たってしまった悦郎は木の下へと駆け込んだ。

そこには、ひとり女の生徒が先に来ていて、どうも彼女も雨に降られたようだ。

散々な状況に出会ったとあきれ顔でびしょ濡れの制服を絞っている生徒。

その彼女の様子を見ていた悦郎はハッとする。

それは彼女も同じで二人は知り合いだったのだ。

生徒の名はチヨ、悦郎の姪だった。

2年前まで同じ田舎の場所に暮らしていた二人。

チヨは小さいころから悦郎の家に遊びに来るほど懐いていた。

その日も雨に打たれてしまった彼女は、
びしょ濡れのまま叔父の家を訪ねるも
いつものことだと優しく受け入れた。

早く着替えるように言ってチヨを奥の部屋に案内すると
悦郎はひとり酒を飲んで酔い潰れてしまう。

ここまでは以前の風景だった・・・

だいぶ時間が経った頃・・・
チヨはもう帰ったと思い、彼女のいた部屋のふすまを開ける。

そこには白い下着姿でストーブにあたりつつ、うたた寝している姪の姿があって・・・!?



続きはこちらで



↓↓↓



姪を●すのは用務員室で~おじさん、いやや!もう壊れちゃう!~


おすすめはこちら!
↓↓↓↓↓↓

姪を●すのは用務員室で~おじさん、いやや!もう壊れちゃう!~





inserted by FC2 system